価値あるふりそで・ほめられる振袖

オンリーワンの振袖を、、


  「想い」をまとう
振袖は色々なものを象徴する衣裳です
家族の想い、お母様の価値観、お嬢様のセンス、、
お客様の「想い」を大切に、
最適なオンリーワン振袖を、ご提案いたします

振袖展のご案内

常時開催  京濱店舗にて:振袖の会
いつでもお気軽にご覧くださいませ。
○振袖:上品で上質、レンタル品とは完全に一線を画す伝統技術によって手作りされた正統派な振袖です。どんな格式のある会場、場面においても心配御無用で安心してお召しいただけます。
いつでもお気軽にご覧くださいませ。
○帯:一般的には振袖メイン、帯は添え物的扱いだけれど、それは間違い。帯が良いと着物も引き立ちます。力強く品のある帯は振袖の格を上げ、存在感を増します。振袖だけで終わらず、色無地m、訪問着や留袖まで末永くお使いいただけます。長い目でみてお得です。
いつでもお気軽にご覧くださいませ。
○小物:他店にはない小物揃い。小物が良いと、これまた振袖もよく見えます。小物とは帯〆、帯揚、重衿、半襟の事。ママ振袖も今風にカッコ良くなります。人と差をつけるには個性的かつ品にある小物で。
いつでもお気軽にご覧くださいませ。
○草履:基本的にオーダー製作です。豊富な素材見本から、アナタだけの履きやすくて、カッコ良いお草履ができあがり。洋服の靴に通じる、オシャレのキモ。安モノは、履きにくくて、耐久性が低く、オシャレ度も低い。オリジナル草履は付下、訪問着など、他のフォーマルにも活かせるのでかえって、お得です。 京濱には常時、京濱こだわりの振袖と振袖小物を取り揃えております。
いつでもお気軽にご覧くださいませ。
各展示会の詳しいご案内の必要な方は電話、またはメールでお気軽にお申付くださいませ。

会期:平成29年12月25日(金)〜平成30年1月3日(水) 
12月27・30・31日、1月1日は休業
 営業時間10時〜18時まで(1月2・3は17時迄)
弊店にて:通常よりも、振袖・帯・小物をより充実しております。

京濱のオンリーワン振袖とは

京濱の振袖は古典柄とよばれる伝統柄を基本にしています
いつの時代でも、賞賛を受ける振袖は、昔ながらの伝統柄です。(と思います)
成人式だけのコスプレ的な振袖ではなく、成人式以外にも、和装の正装としてお召し頂ける「着物」としての振袖を制作しています

振袖コーディネート

振袖に限らず、着物は小物合わせが大切です。小物とは着付けに必要な帯〆、帯揚げ、半襟の他に重衿(伊達衿)や髪飾り、筥迫、草履、バッグ、ショールなどです。これらの小物は振袖を装飾する大切なものばかりですが、一般的には画一的でオマケ的扱されているようなものが多いです。それでは、他の人と同じになってしまい、いい振袖が台無し。予算的な問題もありますが、せっかくならこだわりたいところ。小物といっても、その存在感が大きく、帯〆ひとつで、全体のバランスが変わり印象も違います。半襟や重衿はお顔に近いところです。化繊のヌルリとした質感よりも正絹の上質感と色彩の良さでまとめたいです。御草履は値段と耐久性が比例します。いいものは長持ちしますし、履き心地もちがいます。振袖で終わるのではなく、後々の訪問着や留袖などにも使えるものを揃えておくのが経済的です。髪飾りやショールもほとんど出回っていない品の良い品を取り揃えております。「誰もしていない」くらいのアイテムとしては筥迫(はこせこ)もオススメしています。

お母様の振袖

最近は、お母様の振袖をお使いになられる方も増えております。「お母様の振袖は今より質がいい」という話が呉服業界ではささやかれています。その理由は絹の値上がり、職人の減少などです。かつての30万円の振袖は今では30万円ではとても買えません。かつてはできた加工も今では、できる職人がいない。というものもございます。古いものだからダメと頭から決めつけずに、活用されることも一つかと存じます。ひどいシミがあったり、裏地が変色していても、仕立直しや各種の処置によって蘇ります。小物の色はお母様の時代よりバリエーションが増えておりますので、小物を新調されたり、帯は変わり結びの自由度をあげるために少し長くなっています。訪問着や留袖に応用できる帯を新調なさるのものオススメいたします。