褌(ふんどし)のススメ

褌・ふんどしは日本男児の快適下着です。是非お試しください。

種類

褌には幾つも種類がありますが、代表的なのは六尺褌と越中褌。
六尺褌は鯨尺で六尺の長さ(227cm)の一枚の布状、越中褌は布の端に腰に巻く紐が付いているもので、六尺褌のほうは前垂れがなく、前が逆三角になり、越中褌は前垂れがあります。
詳しくはこちらの日本ふんどし協会のホームページをご覧ください
http://www.japan-fundoshi.com/

褌の良いところ

着物では腰紐や帯など、腰回りを締めます。するとパンツなどでは、用を足すときに帯の下からパンツを抜くような形になるので、再度、パンツを引き上げるときに腰紐や帯を緩めないとしっかり上がらないということになったりします。褌の場合、腰紐は締めたままでも股下の布を引き抜くだけでいいので、着崩れしにくいのです。また、一回腰周りを締めているのでその上に腰紐を乗せるようにすることで、さらに着崩れ防止になります。

京濱のおすすめ・五尺褌

京濱のお薦めは越中より六尺、さらに、六尺を短くした五尺をお薦めいたします。五尺は長さ約五尺、巾約七寸の晒布。六尺の様に締めますが、最後は前垂れのままにしておきます。詳しくは下の画像をご覧ください。一枚の布なので、畳むときも楽でコンパクト。用を足すときも六尺の完全体よりも手軽です。さらに越中は臀部に布がありますが、五尺は六尺と同じ完全Tバックでスッキリさわやか。京濱の着物ユーザーの方には無料でプレゼントいたします。京濱では、五尺と六尺のみ扱っております。1個540円です。常時、ご用意していないので、ご希望の方はあらかじめご連絡ください。